〈塩麹きのこ〉副菜系アレンジレシピ【スクランブルエッグ&冷奴】

塩麹きのこのスクランブルエッグ

こんにちは!

今回は、〈塩麴きのこ〉のアレンジとして、副菜系のレシピ2種をお届けしますね!

基本となる〈塩麹きのこ〉の作り方は、↓からどうぞ♪

関連記事

塩麹きのこの材料〈塩麹きのこ〉基本のレシピ / もりもりおいしく菌活&腸活! / 万能常備菜

はじめに紹介するのは、卵を使ったアレンジレシピです!

【材料】

  • オリーブオイル(サラダ油でも大丈夫です!)
  • 塩麹きのこ
  • (お好みで)胡椒

【作り方】

  1. 卵を溶き、油を敷いて熱したフライパンに投入、箸でかき混ぜスクランブルエッグを作る
  2. まだ半熟感が残ってるくらいのタイミングで、卵より気持ち少なめくらいの量の塩麹きのこを投入
  3. ざっとかき混ぜて全体を馴染ませたら、火を止めて出来上がり

ワンポイント

塩麹きのこを混ぜ入れるときは、容器の底の汁気も少量掬って一緒に入れるようにすると、スクランブルエッグ全体に味が馴染みやすくなっておいしいです!!

味付けは塩麹きのこだけでも充分、塩気も旨味もあってバランスがとれるので、他の調味料は入れなくてもよいのですが、私は今回試しに、ホワイトペッパーを軽く振って仕上げてみました!

塩麴きのこのスクランブルエッグ
う~ん、つやつやに仕上がっておいしそう……♡

ちなみに今回使ったホワイトペッパーは、以前ハーゲンダッツとスパイスのマリアージュを試した際に購入したものです。

↓参考

ハーゲンダッツのリッチミルクとホワイトペッパーハーゲンダッツ(リッチミルク)×ホワイトペッパー/奥深いマリアージュの世界

実は過去に、こちらのレシピにブラックペッパーを合わせてみたことがあって、塩麴と卵のまろやかさをいい具合に引き締めてくれるのでお気に入りだったのです。

で、これをホワイトペッパーにチェンジしてみた感想なのですが……、

まずブラックペッパーの場合だと、見た目でここに刺激があるぞ!とめっちゃ主張してくる(黒色だから目立つ)ので、口に入れる前からある程度の刺激を予期できるというところがあります。

一方でこのホワイトペッパー、卵の白身部分やきのこの白色に紛れて、パッと見ではここにかかっている!というのが、よくわからない。

そのことによって、ブラックペッパーより実質マイルドなスパイスではありながら、口に入れた後からハッとこちらの意表をついてくるような、新鮮みのある刺激を与えてくれるんです!!

食べ物の視覚的効果についても、深く考え始めるとおもしろそうですね。

はじめはハーゲンダッツのために購入したホワイトペッパーですが、これから活躍の機会が多くなりそうで楽しみです!


その2・塩麹きのこ ON 豆腐 のアレンジレシピ

二つ目はお豆腐のレシピ!

スクランブルエッグより更に簡単です!!

【材料】

  • 豆腐
  • 塩麹きのこ
  • お好みの薬味(なくてもオッケー)

【作り方】

  1. 豆腐をお皿に移す
  2. 上から塩麹きのこを好きなだけかけ、(ある場合は)仕上げに薬味を散らす

\ 完成!! /

豆腐の塩麹きのこ乗せ

めっちゃかんたん~~!!笑

冷奴の醤油が塩麹きのこに変わっただけですね。

しかもこちらは普通の冷奴よりも食べ応えがアップする上、塩麹のまろやかさでお豆腐の甘さが引き立つのが良きポイント♪

あと今回食べながら気付いたんですけど、この塩麹きのこ、豆腐サラダのドレッシング代わりに使ってもぜったいにおいしいです!!

ボリューム満点で栄養ももりもりもりだくさん!!!!

とってもうれしいですね!!!


他にも、アイデア次第でいろいろな料理に使えますよ♪

アレンジの幅が多くて、一気に料理のレパートリーが広がりそうな〈塩麹きのこ〉。

皆さまもぜひ、お気に入りのレシピを見つけてみてくださいね。

もりぐち
もりぐち

最後まで読んでくださってありがとうございました♪


【関連記事】(2021/12/6追記)

〈塩麹きのこ〉のその他のアレンジレシピを↓の記事にまとめました。

私が実際作ってみて、心からおすすめできるものばかり紹介しておりますので、宜しければぜひ参考にしてみてください♪

【塩麹きのこ】アレンジレシピ6種・まとめ/主食・主菜・副菜ごとに紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA