〈赤こんにゃくの甘辛煮〉レシピ / 味をしみさせるコツも紹介!

赤こんにゃくの甘辛煮

本日は、一般的なこんにゃくより見た目が華やかな「赤こんにゃく」を使って〈甘辛煮〉を作っていきたいと思います!

「赤こんにゃく」は、滋賀県の近江八幡市が発祥のもので、滋賀出身の私にとっては物心ついたときから馴染みのあるもの。

今回作り方をご紹介する〈甘辛煮〉についても、幼いころから繰り返し食べてきた、親しみ深い料理となっています。

ちなみに、同じく「赤こんにゃく」が主役の〈赤こんにゃくのレバ刺し風〉のレシピも別記事に公開しておりますので、興味がある方はそちらも合わせてどうぞ♪

〈赤こんにゃくの甘辛煮〉

材料

  • 赤こんにゃく 330g
  • ごま油 適量
  • 唐辛子 少々
  • だし汁(or水+顆粒だし) 100g
  • 酒 10g
  • 醤油 20g
  • みりん 10g
  • 砂糖 10g
  • 鰹節 適量

〈参考〉

ちなみに今回私が使った「赤こんにゃく」は、滋賀に日帰り旅行に行った際の購入品で、↓の記事にもチラッと出てきています。

sekigahara花伊吹の「松茸と近江牛のすき焼き」滋賀県・日帰り旅行「松茸近江牛すき焼き」ランチ&食べ物ばっかの土産紹介

作り方

  1. 赤こんにゃくは、予め下茹でする※1
  2. 下茹で後のこんにゃくを、まな板の上で手で押さえながら、スプーンで一口大に切っていく※2
  3. 鍋にごま油と輪切りにした唐辛子を熱し、赤こんにゃくを入れて炒める
  4. だし汁・酒・醤油・みりん・砂糖を鍋に加え、煮汁が少なくなるまで煮込む
  5. 最後にふわっと鰹節をかけて、全体にまとわせたら、お皿に盛り付けて完成

※1 今回私が使用した「赤こんにゃく」は下茹で不要との記載があったので、この工程は飛ばしていますが、通常は下茹で必要なものが多いと思うので、一応手順には載せておきます

※2 スプーンを使って切るのは、あえて切り口を歪にすることで、味をしみ込ませやすくするためです

〈参考〉

今回使用の「赤こんにゃく」・裏面の記載

赤こんにゃくの裏面の記載

【完成写真】

赤こんにゃくの甘辛煮

むぎゅっとした噛み応えのこんにゃくに、甘辛い味がしみしみです♡

唐辛子のピリッとしたアクセントがまた食欲をそそります……!

(※唐辛子は、少量でも辛さが効きやすいので、辛いのが苦手な方はごく少なめを意識した方が良いかもです)

こんにゃくに、味をしみさせる工夫

こんにゃくは味がしみにく食材なので、煮て調理する場合は、なにかしらの工夫が必要です。

今回の場合でいうと、【スプーンでわざと歪に切り分ける】ことで、表面積を大きくし、味がしみこみやすいようにしました

(包丁で形を揃えて切りたい場合は、こんにゃくの表面に格子状の隠し包丁を入れておくと良いです)

また、最後の鰹節】もなにげもポイント。

通常、このような料理では、火を止めた後に冷めていくタイミングで、グッと食材に味がしみていくため、完成後は一晩ほど寝かせた方がおいしく食べることができます

だけど、出来上がってすぐに食べたい!ってときもありますよね。

そんなときは、煮汁のしみた鰹節をこんにゃくにまとわせて食べることで、こんにゃく自体にまだしっかりと味がしみていない段階でも、おいしく食べることができちゃうのです!

(もちろん、鰹節には旨味アップの役割もあるので、一石二鳥です♪)

他の食材で煮物をするときでも使えるわざですので、よろしければぜひ参考にしてみてください。


いかがでしたでしょうか。

見慣れない方にとっては、始めは驚いてしまうような見た目の「赤こんにゃく」ですが、一般的なこんにゃくよりもこんにゃく臭が少なかったり、舌触りがなめらかだったりといった特徴もあり、一度使うとハマってしまうかもしれません。

みなさまも、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

もりぐち
もりぐち

最後まで読んでくださってありがとうございました♪


【関連記事】

赤こんにゃくを使った〈レバ刺し風〉の作り方

赤こんにゃくのレバ刺し風〈赤こんにゃくのレバ刺し風〉レシピ / トゥルっとなめらか食感がクセになる…!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA