【一心堂】のみかん大福でおやつタイム♪/丸ごと一個入り!/季節限定商品

一心堂のみかん大福の断面図

みなさんこんにちは♪

この記事で紹介するのは、フルーツ大福で有名な「一心堂」です!

今回は季節限定のみかん大福をいただきましたので、はじめに軽く店舗情報にふれたあと、そちらの実食の感想をお伝えしますね♪

「一心堂」の店舗情報(2021/12時点)

「一心堂」は大阪の堺に本店があります。

2021/12時点で5店舗展開されているうち、4店舗は大阪府内にあるのですが、1店舗だけ神戸にもお店があります!

一心堂」:店舗名一覧(所在府県)

  • 堺本店 (大阪)
  • 阪急うめだ本店 (大阪)
  • 近鉄あべのハルカス店 (大阪)
  • 高島屋堺店 (大阪)
  • 神戸阪急店 (兵庫)

ちなみにこのたび購入した場所は、神戸阪急の地下1階に入っている「神戸阪急店」になります。

「一心堂」のみかん大福を実食

いよいよみかん大福をいただきます。

おやつの気配に釣られて、ネコのみかんちゃんも寄ってきました。

中にはみかんが丸々1個入っているので、それなりにボリューム感があります。

一心堂のみかん大福

↓↓↓半分に切ってみると、断面はこんな感じ!

一心堂のみかん大福の断面図

(切る向きは反対の方が良かったっぽいです……笑)

ご覧の通り、非常に薄皮で、ビジュアル的にも主役であるフルーツの存在感がぐっと前面に押し出されている大福です。

食べてみると、冷蔵庫から出したばかりでも周囲のお餅は柔らかでした!

外側の口当たりが良いことで、あん・フルーツとの一体感をよりよく感じることができます。

白あんの甘さは控えめで、みかんの甘酸っぱさを存分に引き立ててくれていますね。

一口目からジューシーな果汁が口いっぱいに溢れる贅沢感がたまらないです……!

みかんって、普段は房(ふさ)ごとに指で割いて食べることが多いのですが、大福の中身としてお餅に包まれていると、自然と薄皮の境も関係なく、ガブッと齧り付くという食べ方になるんですよね。

いつもより豪快な食べ方をしているという感覚も相まって、「一心堂の大福である」というブランドイメージプラスαの特別感があり、よりおいしさが増してくるような気がしました。

「一心堂」は季節限定の商品が多め!~商品一覧~

一心堂は季節ごとにどんどん商品のラインナップが変わっていくのが特徴。

通年販売商品も中にはありますが、それぞれのフルーツを一番おいしい時期に食べられるよう、ほとんどは季節限定ものとなっています。

ショーケース越しに季節の移り変わりを感じられるのが素敵で、ついつい立ち寄ってしまいたくなるお店です。

〈参考〉

一心堂のフルーツ大福一覧

一心堂の商品一覧

マスクメロンには「クリームチーズ」、モンブランには「生クリーム」が使われているなど、フルーツに応じて少しずつ中身を工夫されているようです。

フルーツ大福といえば、どちらかというとサッパリ系のイメージがありますが、濃厚系の気分の時にもハマる商品が用意されているというのは、うれしいところですね。


いかがでしたでしょうか。

こだわりの完熟フルーツのおいしさを存分に味わえる「一心堂」の大福、みなさんも機会があればぜひ味わってみてくださいね♪

※この記事の内容は、2021/12時点の情報となります。

最新の詳しい店舗情報などは、一心堂の公式ホームページでご確認お願いします。

みかんちゃん
みかんちゃん

最後まで読んでくれてありがとニャン♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA