夏を惜しみつつ〈白桃ジャム&とろけるチーズトースト〉のレシピ

だいぶ涼しくなってきました。

散歩をしていると、もう草むらから聞こえてくるのは耳にやさしい秋の虫の音です。

秋は私の一番好きな季節なのでうれしくはあるのですが、夏が旬の食材で食べたいと思いながらいくつか食べ逃してしまったものがあるので、ちょっと過ぎ行く季節が名残惜しいような気もしますね。

――この夏、食べ逃してしまった食材の一つが”桃”。

スーパーのフルーツコーナーからはほぼ姿を消してしまいましたが、瓶に詰められているジャムならば……

ということで、先日思い立って作ってみた白桃ジャムを使用したトーストを紹介いたします。

〈白桃ジャム&とろけるチーズトースト〉の作り方

【材料】

  • 食パン
  • 桃ジャム(果肉の形が残ってるものだとなおよし)
  • とろけるチーズ

【作り方】

  1. 食パンに桃ジャムを乗せる
  2. とろけるチーズでジャムを覆うようにして、トースターでチーズがとろけるまで焼く

白桃ジャムととろけるチーズのトースト
ふつふつっととろけたチーズの下に、桃の果肉の形が現れます

実食の感想~これは最高のハーモニー!~

毎年のように、SNSで”桃モッツアレラ”のレシピが話題になっているのを見るのですが、桃とモッツァレラを合わせていいなら、桃ととろけるチーズを合わせてもたぶんそんなおかしなことにはならないだろう、と思ったのが今回の組み合わせを試してみようと思った発端です。

結果、これはほんとにやってみて良かったと思います…!!

ジャムって食パンをトーストした後に塗ることが多いと思いますが、この順番を逆にすると、果肉がとろっと熱せられ、より甘みが引き出されることで、またいつもとは一味違った楽しみ方ができるのです。

もちろん、最後にジャムを塗る場合に感じられる果物のフレッシュ感も捨てがたいのですが……。

今回果肉がわりとしっかりめに残っていた白桃ジャムに熱を加えることによって、その食感も甘さも”まったりと”したものになり、そこにとろっとしたチーズが覆い被さることでうまく一体化……なんとも絶妙なハーモニーでした。

窓を開け、心地よい秋の始まりの空気にあたりながら、まったりとした口当たりの朝ごはんを食べていると自ずと心も和んできて、あぁ今の私、ほんとよいとこどりだなぁと思われてくるのでした。

もりぐち
もりぐち

最後まで見てくださってありがとうございました♪


【トースト関連のレシピ一覧】

マヨネーズで囲った卵落としトースト〈マヨ囲み♡卵おとしトースト〉のレシピ / もりもりおいしい! はちみつチーズトースト気ままに垂らす〈はちみつチーズトースト〉のレシピ パンの耳で作ったグラタン風トースト〈パン耳deポテトグラタン風トースト〉のレシピ+パン耳の可能性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA