【ハチミツ×ホワイトペッパー】with高級食パン/最近お気に入りの組み合わせ♪

「明日の食パン」のハチミツとホワイトペッパー

もりぐち
もりぐち

みなさんこんにちは♪

今日も一日元気もりもりブロッコリー!

今回は、最近私がハマっている組み合わせ【ハチミツ×ホワイトペッパー】の魅力について、お伝えしたいと思います!

今のところ主に食パンの上で試している組み合わせなのですが、肉料理などに取り入れてもよさそうな気がするので、更なる可能性を探っていきたいと思っているところです……!

〈食パン(「明日の食パン」)のハチミツ×ホワイトペッパーがけ〉

材料(一人分)

  • 食パン※ 1枚
  • ハチミツ 適量
  • ホワイトペッパー 適量

※ここでは三宮さんちかで購入の高級食パン「明日の食パン」を使用

【参考】

私が使用しているハチミツとホワイトペッパー

サクラ印のハチミツと、S&Bのホワイトペッパー

ホワイトペッパーは、ミル付きのものを使っています!

使うたびにひきたての香りが楽しめるのと、ゴリゴリとミルを回す作業自体が好きなのでお気に入りです。

作り方

  1. 食パンに一口大の切れ目を入れる(←少し食べやすくなるだけなので、この工程は飛ばしてもオッケー)
  2. ハチミツとホワイトペッパーを好きなだけかけて完成

【完成写真】

「明日の食パン」のハチミツとホワイトペッパー

お好みでトーストしてからハチミツとホワイトペッパーをかけても◎

今回は買って翌日の高級食パンを使っているのでそのまま楽しんでます。

ハチミツ×ホワイトペッパー(白胡椒)の魅力

みりん、砂糖と共に、調味料の甘味要因として私が常備している「ハチミツ」。

ハチミツの、他の甘み調味料にはない特徴としては、その”華やかなニュアンス”が挙げられるかなと思います。

ブラックペッパー(黒胡椒)に比べて、刺激のマイルドなホワイトペッパーを合わせることで、ハチミツの華やかさがいい具合に引き出されるように個人的には感じます。

もう一点。

細かく轢かれたホワイトペッパーって、ハチミツの上に振りかけられると、なんだか見た目が花粉を連想させませんか?

”蜂ががんばって集めたものなんだなぁ”という、ハチミツが私の元に届くまでの物語に、視覚的にもフッと思いを馳せる瞬間ができて、なんだかそういうのっていいなぁと思うのです。

【ハチミツ×ホワイトペッパー】を試してみたい食べ物

これまで何度か食パンの上で【ハチミツ×ホワイトペッパー】の組み合わせを試していたのですが、果物や、肉料理の味付けなどにも応用したらおいしいのではないかなぁと、今回食べながら考えておりました。

以下、私の勝手な想像ですが、【ハチミツ×ホワイトペッパー】の組み合わせが合うんでないかなぁと感じる食べ物を、自分用メモも兼ねてリストアップしておきます。

【ハチミツ×ホワイトペッパー】を今後試してみたい食材・料理

  • いちじく
  • 豚肉(なんとなく、脂身の甘さと合いそうな気がする)
  • カッテージチーズを散らしたサラダとか

もし今後試してみて、うまくいくことがあったらレシピとして改めて紹介しますね。

(みなさんも、おいしそう!と思うものがあったらぜひ試してみてください!)

ではまた♪

もりぐち
もりぐち

最後まで読んでくださってありがとうございました♪


【関連記事】

ホワイトペッパーは、元々は家に常備する習慣はなかったのですが、↓↓↓のマリアージュを試してみたいと思ったのがきっかけで買いました。

ハーゲンダッツのリッチミルクとホワイトペッパーハーゲンダッツ(リッチミルク)×ホワイトペッパー/奥深いマリアージュの世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA