〈ブロッコリーのくたくた〉を食べにサイゼへ。(外食記録+食のエッセイ)

サイゼリヤの「ブロッコリーのくたくた」「バッファローモッツアレラのピザ」「白ワイン」

ネットでサイゼのメニューを見てたら、どうやら〈ブロッコリーのくたくた〉っていうのが出てるらしい。

”くたくたのブロッコリー”ではなく、”ブロッコリーのくたくた”。

”くたくた”は、ここでは単にブロッコリーを形容するための言葉ではなく、確固とした料理名であるらしい。

くたくた……ブロッコリーのくたくた……のブロッコリー……のくたくた……のブロッコリーのくたくたの……ブロッコリーのくたくたの、ブロッコリーのくたくたのブロッコリーのくたくたのブロッコリーのくたくた食べたい……

というわけで先日、〈ブロッコリーのくたくた〉目的でサイゼに行ってきました。

以下、合わせて食べたメニューの記録と、〈ブロッコリーのくたくた〉のエッセイです。

頼んだメニュー(くたくた以外)

白ワイン(グラス)

サイゼリヤの「白ワイン」

いわずとしれた、サイゼの100円ワイン。

赤にする率の方が多いけど、今回はムール貝を頼むので白で。

ムール貝のガーリック焼き

サイゼリヤの「ムール貝のガーリック焼き」

この貝の上に乗っている、刻み野菜みたいなやつが何気にお気に入り。

シャキシャキしておいしい。

バッファローモッツアレラのピザ

サイゼリヤの「バッファローモッツアレラのピザ」

シンプルなマルゲリータに比べて、チーズが更においしいやつ。

4等分にしたのを、2つ折りにしてガブッと食べると、一口当たりに感じられるチーズがたっぷりになって、贅沢感が増す。

くたくたな私は〈ブロッコリーのくたくた〉を食べにサイゼに行った。~食のエッセイ~

ピンボケなのか、ブロッコリー自体が元々ぼやけていたのか。

その日は特に理由もわからないまま疲れていた。ただ人やモノにぶつからないようにってことだけ考えながら、街の喧騒の中を漂っているような感じで、そう、ちょうどこのブロッコリーと同じように、私自身の体の輪郭も曖昧になっているようだった。

ふらふらとした足取りのまま、私はサイゼへ向かった。

〈ブロッコリーのくたくた〉ってメニューが出ていることは知っていた。

とりあえずそれを食べようと思った。

ブロッコリーは、茎に程よい噛み応えが残る程度に湯がくと、緑色が鮮やかに冴えてきれいなものだ。

だけどこのブロッコリーは、あきらかにそのタイミングを超えて煮込まれ続けている。

どよーんと色褪せた緑色だ。

花蕾をポロポロ落としながら、力なく皿の中で互いにもたれ合っているその有様は、商品名通り、いかにも”くたくた”している。

もりぐち
もりぐち

……そうだ。

私はこれを食べにきたのDA。

なんて消化に良さそうな食べ物なんだろう。

気が滅入っているときは、陰鬱な音楽にどっぷり浸る方がむしろ癒されるのと同じなんだ。

くたくたなときは、くたくたなものを食べる方がいい。

私はすっかり〈ブロッコリーのくたくた〉が気に入ってしまって、口の中で小さく”くたくたくたくた”と呟いた。

濁音がとれただけで、ずいぶんもの柔らかな響きになるものだ。

”ぐだぐだ”っていうと、なし崩し的に全てがダメになり、もはや再起不能、って感じがするけれど、”くたくた”の方には、救いがあるような気がする。

くたくたに煮崩れる寸前まで煮込んだブロッコリー。

くたくたに着崩れる寸前まで着古したセーター。

くたくたになって、毛玉ができても可愛がり続けているぬいぐるみ。

”くたくた”には多分、優しさがある。

元気がなかったわりに、最終的にいろいろと頼んで全部ぺろっと食べてしまったのは、多分〈ブロッコリーのくたくた〉のおかげだろう。

くたくたなりに辛うじて形をとどめていたブロッコリーを完全に消化する頃、ようやく元気になってきた私は、私自身の輪郭の確かさを取り戻しつつあるようだった。

もりぐち
もりぐち

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日も一日、元気もりもりブロッコリー!


追記(2021/12/28)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA