【かに道楽】かに尽くし!会席ディナーの記録~今年も1年、お疲れさまでした~

もりぐち
もりぐち

みなさんこんにちは♪

今日も一日元気もりもりブロッコリー!

昨日の夜、かに道楽にて、かに尽くしの特撰かに会席をいただいてきました。

年末には、母と妹と「今年も一年お疲れさま会」を開くのが毎年の恒例。

はじめに今回利用したかに道楽について軽く紹介した後、いただいたお料理一つひとつを写真でお見せしていきますね♪

(今回は写真多めです!)

かに道楽について

かに道楽は、その名の通り、かに料理尽くしのお料理を食べられるお店。

関西エリアを中心に、関東~中国・四国地方に複数の店舗が展開されています。

(詳細な店舗情報については、かに道楽の公式ホームページでご確認くださいませ。)

お好みやシチュエーションに応じていろんな種類の会席が用意されていて、中にはかにしゃぶやかに鍋が入ったコースもあるようですよ♪

また今回は夜に伺いましたが、お昼には少し価格帯が低めのコースも用意されています

店の前には、かに道楽のトレードマーク!腕の動くカニが飾られているので、外からでもパッとわかりやすいですね。

かに道楽の看板がに

※ちなみにこれは今回伺った「神戸三宮店」のかにです!

特撰かに会席〈誉寿ーほまれー〉

さて。

今回いただいた特撰かに会席〈誉寿〉のおしながきはこちら。

かに道楽、特撰かに会席〈誉寿〉のおしながき

予約をしていったのですが、掘りごたつ式の個室に通してもらい、落ち着いた雰囲気の空間で食事そのものをじっくり楽しむことができました。

ちなみにかに道楽は、箸置きもかにです。

かに道楽の箸置き
かにの箸置き

かわいいですよね~。

食事中、ふと手元に目を落とすと視界に入ってくるので、そのたびに癒されていました。

(……まぁまさにそのかわいいかにを食べているのですが……)

飲み物:日本酒

かに道楽で注文した日本酒「夢水」

飲み物は冷酒(「夢水」)にしました。

〈かに料理に合うワイン〉も種類豊富にあって心惹かれたのですが、今回ははじめから日本酒にする気満々でいったので、それはまたの機会で……。

母と妹と3人で分けていただきました。

前菜

かに道楽の前菜

マスカットのノンアルコール食前酒と、かにの身入りの餡かけ南瓜

食事始め、艶やかな光沢感ある小鉢の見た目に、まず食欲をそそられます。

食前酒にはミントの葉が乗っていて、マスカットの甘い果実感と爽やかさのバランスが心地よかったです。

かに酢三種盛

かに道楽のかに酢三種盛

右から順に、毛かに・ズワイかに・タラバかにと、贅沢に3種のかにが盛り合されています。

かにの身をほつるときって、どうしても集中するので無言になってしまいます。

久しぶりに家族集まったのでいろいろと話したいことはあるのですが、このときばかりは三人とも黙々とかにの身を取り出すことに専念していました。

しっかりした身詰まりで、旨味の強いタラバかにはやはり別格でしたね。

タラバはお酢につけなくても、レモンだけで充分おいしかったです。

かに造り三種盛

かに道楽のかに造り三種盛

甘くとろけるかにのお刺身

かにのコース料理を食べるときは、もしかするとこれが一番楽しみかもしれません。

小鉢に入った2種類の創作かに造りも、それぞれ趣向が凝らされていておいしかったです。

(確か、味噌と白醤油……だったかな)

一口でつるんと食べてしまえる量で出される、いろんな味のバリエーション。

普段の食事にはない特別感があります。

かに爪茶碗蒸し

かに道楽のかに爪茶碗蒸し

続いて、かに爪入りの茶碗蒸し

表面にうすくかかった餡が、かに出汁のよく効いた茶碗蒸しをとろりと包んで、なんともやさしい味わいでした。

器に描かれたクラゲがかわいいですね。

かにみそ甲羅焼

かに道楽のかにみそ甲羅焼き

やさしいお出汁にほっとしたところで、かにみそ甲羅焼き登場。

甲羅ごと、目の前でぐつぐつ温める途中、立ち上ってくる湯気の段階からしてすでにおいしいです。

濃厚な味噌の中に、銀杏やシイタケといった具材が入っているのですが、一口ごとに少しずつ異なる食感や風味を楽しめて、うぅ~ん……と幸せの吐息の連続。

焼かに

かに道楽の焼きかに

コースも終盤に近付いたきたところで、焼きかにがやってきました。

焼かれたかに特有の香ばしさが加わって、甘みがより引き立てられるようです。

レモンをきゅっと絞っていただきます……!

かに天ぷら

かに道楽のかに天ぷら

お次は、かに天ぷら

このかには、端っこを手で掴んで食べるかにですね。

手掴みにすると、同じものでも不思議とより一層おいしく感じるように思います。

一緒に添えられているお野菜は、エリンギとかぼちゃでした。

かににぎり寿司+吸物

かに道楽のかに握り寿司と、お吸い物

本日のかにもいよいよこれで終了。

にぎり寿司吸物です。

にぎりは、蒸しかにの身の乗ったものが2貫と、軍艦1つ。

軍艦には、生のかにが使われているのですが、とろっとした甘みがたまらないです。

生かにはお刺身のときだけと思っていたので、最後にまた再開できたのはうれしいサプライズでした。

デザート

かに道楽のデザート

今回のコースの締めになります。

最後のデザートは、パンナコッタとフルーツ

優しい甘みのパンナコッタの上に、甘酸っぱいジュレの組み合わせがおいしいです。

ミントとフルーツで口の中をさっぱりさせて、ごちそうさま。

最後までおいしくいただきました。

※ここで紹介している料理内容等は、2021/12時点のものになります。

 最新の情報については、かに道楽の公式ホームページでご確認をお願いいたします。


というわけで、かに道楽でのかに尽くし記録でした。

おそらく今年は、これが最後の記事になるかと思います。

当ブログを立ち上げて約4か月、手探り状態での運営で、至らない点、読みづらい箇所などもあったかと思いますが、読みに来てくださる皆さまがいるおかげで、ここまで続けてくることができました。

いつも本当にありがとうございます。

私事ながら、現在転職活動の真っただ中のため、頻度を落とし気味ではありますが、来年もおいしい食べものの記録やレシピ紹介など、ぼちぼちと記事にしていくつもりですので、今後とも何卒宜しくお願いいたします。

どうぞ皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。

もりぐち
もりぐち

最後まで読んでくださってありがとうございました♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA