サイゼで一人ランチ~ほうれん草のくたくたで、くったりまったり~

サイゼリヤで注文したメニュー(ほうれん草のくたくた、ラムのラグーソース、赤ワイン)

もりぐち
もりぐち

みなさんこんにちは♪

今日も一日元気もりもりブロッコリー!

久しぶりにサイゼで一人ランチしてきました。

以前、サイゼで”ブロッコリーのくたくた”というメニューを食したときの記事をあげたのですが、

今回は”ほうれん草のくたくた”です。

(メニュー表に”NEW!”って記載されてたので、最近出てきた新メニューと思われます。)

メニューに載ってる写真と、過去のブロッコリーの記憶から予想はしていたのですが、今回もなかなかのくたくたっぷりでした。

お皿の上に、まどろみがある。

ブロッコリーのくたくたを食べている時もだったけれど、くたくた系の食べものって、食べてる途中、なんだか眠気がさそわれてくる。

粉雪みたいなチーズと、オリーブオイルと、くったりもったり溶け合って、もはや明確な形はもっていない。 

料理自体がお皿の上でまどろんでいるようだ。

この料理の感想は、食べるときどきの、その人の状態によって、変わってくるんじゃなかろうか。

しっかりとした食感があるわけでないし、独創的な味付けがされているわけでもないし、元気いっぱいの状態の時に食べれば、物足りなさを感じることも確かにあると思う。

だけど、それこそ食欲が落ちるほどに、くたくたに疲れ切っている人にとっては、どうだろう?

こんなに優しく心身に染み渡る料理は、他になかなかないんじゃないか。

これは、誤って火を通し過ぎたわけではなく、メニュー名で宣言してある通り、意図された”くたくた”だ。

元気がないときも、おいしくごはんが食べられるようにという、作り手の優しさから生まれた料理なのだと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA