「Rodの食パン」をそのままコーンスープに浸す、懐かしい食べ方

食パンとコーンスープ

プレーンの食パンにコーンスープを浸して食べるのなんて、何年ぶりだろう。

お皿の上に乗っている、真っ白なままのパンは、阪急神戸三宮のすぐのところにできていたパン屋さん、「Rod」さんの食パン。

Rodの食パン


今朝は珍しくコーヒーを入れなかった。

早く目覚めたけれどなかなか起き上がることができず、ひどくぼんやりした頭を、ぼんやりさせたままにしておきたいような気分だったから。


狙って”久しぶりコンビ”で合わせたわけではないけれど、ゼラチンで固めたタイプのぷるんとしたヨーグルトを食べるのも、そういえば久しぶりだ。

……

ヨーグルトのソフール
ソフール、きみのことだよ。


スプーンで掬ってもへたることなく、持ち上げられたときの形を保ったままプルプルしている。

不思議と懐かしい食べ心地なんですよねぇ。

よく思い出せないけれど、子どものころによく食べていたのだろうか。

”!”がつくようなおいしさではないけれど、心安らぐゆえに求めてしまうような食事ってある。


購入して2~3日経った食パンは、いつもならトースターで焼く。

その方が、”パリッ””もちっ”といろんな食感が楽しめるし、香ばしさもプラスされるから。

(見た目にも、こんがりトーストされている方がおいしそうに映りますよね。)


だけど体中がぼやぼやしたまま一向に起きる気配がない、今朝のこんな自分にいちばん馴染むのは、やっぱりこういう、食感にめりはりのない、輪郭のぼやっとした食事だったりする。

トースターで焼かずにレンジで少し温めただけの食パンは、ほわほわ~とどこか無防備ななりをして、皿の上に置かれるがままになっていた。

指先で千切り、スープのよく浸して口に運ぶととろけるようになくなった。

食パンそのままの変化に乏しい食感を、あえて

そしてコーヒーではなく、コーンスープの甘くてなめらかな質感を求めて、心の赴くままにこういう選択ができるということを、大切にしたい。

パッケージのマグカップにいわれるがまま、よ~くかきまぜただけだけれど

コーンスープのパッケージ
「よ~く まぜると 美味しくなるよ」


昔の私ならコーンスープ=炭水化物としか捉えられなかったけれど、今の私にとってそれは、甘やかな湯気が立っていて、舌触りと同様に気持ちも円やかにしてくれる、とっておきのスープなんだ。

もりぐち
もりぐち

最後まで読んでくださってありがとうございました♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA