〈マヨで囲った卵トースト〉日記~2021/2022冬編~

2021/2022年、冬。

マヨネーズで囲った卵トーストを食べた日に記した簡潔な記録。

12月4日

この前の月食の写真、Twitterにあげそこねてたな。

マヨネーズで囲った卵トースト

12月10日

ドライフラワーにも寿命があることを思い出す。

12月17日

毛布と掛布団の順番を逆にして、掛布団のほうが肌に当たるようにしたら快適になった。

羽毛布団が膨らんで、あったかいのに、どっか冷やっこいの。好き。

12月27日

例えば面接とか。

「余裕ぶっこいてると直前で急に緊張し出すけど、前々から緊張してると直前になって肝が据わる」という法則に気付いてしまってからというもの、なぜか「前々から緊張してて直前になってもビビりまくってる」人間になってしまった。人生って難しい。

1月14日

楕円形の黒い毛むくじゃらの中に、光る瞳を見つけたときの気持ちを胸に何度もよみがえらせる。パンダのタンタン……。

2月10日

メモ帳代わりのブックカバーの裏面に「こいつを生きたまま運ぶには〈酸素〉が必要ですね」と書かれている。

どんな物語を思いついたのか、思い出せない。

2月14日

チューリップを部屋に飾る。

花弁の表面の感じを眺めていると、水彩色鉛筆を手に取りたくなる。春が近いな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA